ロンドン酒チャレンジについて

ロンドン酒チャレンジは2012年ロンドンオリンピックと同時期に初開催され話題となりました。以来、日本国外での日本酒の普及を促進すること、また日本酒離れが進む日本の若年層に新しい基準での日本酒の魅力を訴えることを目的とし、「世界基準で審査する日本酒品評会」としてその地位を確立してきました。

エントリーされた日本酒はすべて、会場のティスティングルームにて同条件のもと厳正な審査を行います。審査員は全て世界各国で活躍する日本酒を熟知した酒ソムリエ。日本酒の品質はもちろん、ラベル・ボトル・箱のデザインやフードペアリングなど総合的に判定されるのがこのコンペティションの特徴です。
ヨーロッパ最大の国際都市ロンドンは、様々な分野でヨーロッパでのハブとして情報を発信する場所です。世界中から人・文化・食が集まるこの地で開催されるロンドン酒チャレンジは、世界に日本酒の魅力を発信する絶好のチャンスです。

また、このイベントは日本国内だけでなく開催国イギリスや国際的なメディアにPR活動を行っておりますので、海外でのマーケット展開の後ろ盾となるでしょう。

LSCで評価されることの意義

  • エントリーされたすべての日本酒が審査対象となり、受賞の有無にかかわらず、すべての酒に英語でのテイスティング・ノートを差し上げます。
  • 国際色豊かな審査員のコメント・テイスティングノートは海外展開の重要なマーケティングツールとなります。
  • 海外での新たなマーケットに進出するチャンスとなります。
  • 受賞した酒には、ラベルを飾るシール状のメダルが授与されます。商品棚での差別化を図ることにつながります。
  • 日本食だけではなく、洋食にも合う日本酒という新しい発想で、日本国内のいままで日本酒に関心のなかった層へも働きかけることができます。洋食レストランなどの新しいマーケット展開にもつながります。