ロンドン酒チャレンジについて

ロンドン酒チャレンジは2012年ロンドンオリンピックと同時期に初開催され話題となりました。以来、日本国外での日本酒の普及を促進すること、また日本酒離れが進む日本の若年層に新しい基準での日本酒の魅力を訴えることを目的とし、「世界基準で審査する日本酒品評会」としてその地位を確立してきました。

エントリーされた日本酒はすべて、会場のティスティングルームにて同条件のもと厳正な審査を行います。審査員は全て世界各国で活躍する日本酒を熟知した酒ソムリエ。日本酒の品質はもちろん、ラベル・ボトル・箱のデザインやフードペアリングなど総合的に判定されるのがこのコンペティションの特徴です。

ヨーロッパ最大の国際都市ロンドンは、様々な分野でヨーロッパでのハブとして情報を発信する場所です。世界中から人・文化・食が集まるこの地で開催されるロンドン酒チャレンジは、世界に日本酒の魅力を発信する絶好のチャンスです。

また、このイベントは日本国内だけでなく開催国イギリスや国際的なメディアにPR活動を行っておりますので、海外でのマーケット展開の後ろ盾となるでしょう。

LSCで評価されることの意義

  • エントリーされたすべての日本酒が審査対象となり、受賞の有無にかかわらず、すべての酒に英語でのテイスティング・ノートを差し上げます。
  • 国際色豊かな審査員のコメント・テイスティングノートは海外展開の重要なマーケティングツールとなります。
  • 海外での新たなマーケットに進出するチャンスとなります。
  • 受賞した酒には、ラベルを飾るシール状のメダルが授与されます。商品棚での差別化を図ることにつながります。
  • 日本食だけではなく、洋食にも合う日本酒という新しい発想で、日本国内のいままで日本酒に関心のなかった層へも働きかけることができます。洋食レストランなどの新しいマーケット展開にもつながります。

 

Press

ロンドン酒チャレンジは2012年に始まって以来、イギリス、日本で取り上げられてきました。下記は、ロンドン酒チャレンジに出展し、活躍する日本酒がメディアで取り上げられた様子です。

「インターナショナルワインチャレンジや酒ソムリエアソシエーションによるロンドン酒チャレンジのようなお酒の品評会は、いずれもイギリスで行われ、飲食業界のプロフェッショナル達の間でも飲み物における”質”への関心を高めた。」

メリンダ・ジョー – 2013年 ジャパンタイムズ

Rice, rice, baby – インバイブ – 2012年9月25日

ロンドンで金 海外輸出挑戦実る – 京都新聞 – 2015年12月26日

Sake Sommelier Association Launches London Sake Challenge -Harpers – 2012年6月7日

Sake Sommelier Association – Eat Sleep Drink Magazine – 2014年10月9日

London Sake Challenge – Eat Sleep Drink Magazine – 2014年7月9日

Where to drink sparkling sake in London – イブニングスタンダード – 2014年5月23日

World’s best sake vote on at Harrods – Eet – 2014年 7月4日

The London Sake Challenge 2014 at Harrods – インセンティブ トラベル – 2014年7月4日

The London Sake Challenge 2013 – La Muse Blue – 2013年8月21日

「このイベントでは、世界中の日本酒のプロフェッショナルで構成される審査員団が参加者に金銀銅の賞を授与します。イギリス、日本から日本酒のバイヤーが参加しました。」

ジェットセット タイムズ – 2014年7月23日

「ロンドン酒チャレンジは最も優れた日本酒を推奨し、一流の称号を与えます。審査員は世界中の日本酒プロフェッショナルで構成され、優れた製品に金銀銅で賞を授与します。」

Breaking Travel News “Harrods to bring sake masterclasses to London” – 17 July 2014

現在準備中!!

ロンドン酒チャレンジに参加された方で、入賞された方に限り、
プレスリリース、ニュース、ブログなどのリンクを info@londonsakechallenge.com 
送っていただければ、こちらのサイトで紹介させていただきます。