日本酒の舞台が世界に広がる
SAKE品評会が「ロンドン酒チャレンジ」です。

酒ソムリエ協会 (Sake Sommelier Association)はヨーロッパで日本酒教育のパイオニアとして、世界中に正しい日本酒の知識と理解を持った酒ソムリエを育成し、日本国内外での日本酒の市場活性化を後押しして参りました。「ロンドン酒チャレンジ」は酒ソムリエ協会の主催によるヨーロッパ最古の日本酒専門の品評会です。

今や世界中に浸透しつつある日本酒を、世界中で活躍中の酒ソムリエたちが世界基準で日本酒を判定します。。

世界中から日本酒の輸入業者・ディストリビューターだけでなく、ジャーナリスト・愛好家・収集家や日本酒ファンも一堂に会し、コンペティションの行方を見守り、そして情報を発信します。日本・英国だけでなく国際的なメディアからも注目を集めるロンドン酒チャレンジ。各地の酒蔵にとって世界に最高の酒を披露するための“挑戦”であり、日本酒の新しい市場開拓にも、既存の市場の活性化においても絶好の舞台です。

 

皆様のご応募をお待ちしております。

 

NEWS

21.May,2018

2018年5月20日、ロンドン酒チャレンジ2018が無事開催されました。

日本、イギリス、ニュージーランドそしてアメリカから厳選されたプレミアム酒が多数集結し、世界各国から集まった33人の酒ソムリエが厳正に審査いたしました。ブラインドテイスティング、そのお酒に合わせる各国料理を提案する個人審査、およびグループディスカッションも交えた多角的な審査、更にボトルおよびラベルのデザインの評価を行いました。

結果、12種類の酒が見事プラチナ賞を獲得し、即日発表されました。その他は現在集計中で、6月20日にゴールドやシルバー賞を含めた全ての結果が発表される予定です。

お楽しみに!

 

24,Apr.2018

2018年ロンドン酒チャレンジでは、品評会終了後レセプションを同会場Millennium Hotel Knightsbridgeにて午後5時15分より行います。

こちらは、ロンドンではめずらしい一般公開の日本酒試飲イベントです。

日本酒にご興味のある方は是非、info@londonsakechallenge.com までお問い合わせください。

参加料は無料。くじ引きもございますので、お名刺をお持ちくださいませ。

 

1.Apr.2018

2018年ロンドン酒チャレンジのエントリーは締め切らせていただきました。

たくさんのご応募、誠にありがとうございました。

それでは、5月20日の品評会をお楽しみに。

品評会当日にプラチナ賞が発表されます。(ウェブでのご報告は日本時間21日以降となります。)

4.Jan.2018

2018年より酒ソムリエ協会は日本ソムリエ協会とコラボ。二つのソムリエ協会が世界に酒ソムリエを送り出します。

2018年秋、日本ソムリエ協会のJ.S.A SAKE Diploma認定試験の英語版の国際資格J.S.A SAKE Diploma Internationalが加わり、日本国外での実施を酒ソムリエ協会が行うことが決定。この日本ソムリエ協会とのコラボレーションを記念して、ロンドン酒チャレンジの各部門優秀賞に、日本ソムリエ協会会長、田崎真也氏のコメントが贈られます。こちらも是非、プロモーションにお役立てください。

 

11. Dec .2017

2018年度より新カテゴリー、梅酒部門、米焼酎部門を設置いたしました。

海外でも人気の梅酒。ここでも、どんな梅酒が海外で高品質とされ受けるのか。国際的な評価は興味深いものです。

そしてじわじわと人気の出てきている焼酎。2019年度以降の本格的な焼酎部門の設置に先立ち、2018年は米焼酎に限定して新部門として設置いたしました。海外ではまだまだ新しい米焼酎。今ここでその素晴らしさを世界にアピールされませんか?

ご応募はこちら

 

世界中に散らばる、有資格の酒ソムリエたちが判定

ロンドン酒チャレンジの判定は、ホスピタリティ業界で経験を積んだ現役有資格酒ソムリエたちによって行われます。世界の舞台で活躍する酒ソムリエが日本、イギリスはもちろんフランス、ドイツ、オランダ、オーストラリア、アジア諸国等世界各国から集結します。

このコンペティションでは、日本酒を飲み比べて順位を決めるのではなく、れぞれ一定基準のクオリティに達しているかどうかの判定がなされ、規定以上のポイントを取得した日本酒は銀・金・プラチナに選定されます。このプラチナ・金・銀受賞酒にはラベルを贈呈。また入賞の有無にかかわらず、各エントリー酒に英語でのティスティングノートおよびフードペアリング(日本食ではないもの)アイディアをお渡しいたします。日本国内外での販売促進にお役立てください。